会社案内

食品の安全は木製品から

当社では大正の終わりに中村木製品(突き板業)として
操業して約90年。現在の保富商店(木製食品容器製造)
として営業しております。

創業以来”木”にこだわり続け”食品の安全は木製品から”
をモットーに木製品のみを製造販売しております。
15年程前から木製品組み立て業務に力を入れだし
最終消費者様に木製品の安全を認識していただく為に
木の選定から
・紙貼り(食品衛生合格糊を使用)
・巾割り
・のこ目(ガリ目)を入れる作業
・組み上げ
包装・出荷にいたるまで
すべて一括して当社で行い
低コストで扱いやすい商品を提供いたしております。
又、お客様の多様なニーズにお応えしていきたいと日々努力しております。

代表取締役
柴田 浩

会社概要

商号
株式会社 保富商店(ほとみしょうてん)
設立
昭和38年2月
資本金
1,000万円
代表者
代表取締役社長 柴田 浩
従業員
10名
本社
〒593-8316 大阪府堺市西区山田3丁1033-3
TEL
072-271-5128
FAX
072-272-4805
定休日
日曜・祝日

アクセス(クリックで拡大します)

周辺地図(クリックで拡大)

製造品目

  • 1.木製折箱
  • 2.木箱
  • 3.その他木製容器

会社沿革

  • ・平成14年 ノーステッチャー留め機導入(ホットメルトによる圧着)
  • ・平成14年 すだれ折製造の為のピストル型ホットメルト接着機導入
  • ・平成15年 エゾ経木用カール機導入、曲げわっぱ業開始
  • ・平成16年 曲げわっぱ容器の大量生産稼動
  • ・平成18年 フィルム貼り折箱の製造・販売を開始
  • ・平成20年 大量生産型ノーステッチャー木折自動接着機・圧着機

木製食器の動向

折箱材料の移り変わりとしましては、
杉・檜(吉野材)からシナ・エゾ松(北海道材)と移り
現在のファルカタ材(インドネシア材)まで
幅広く取り扱いを行っております。
当社の仕入形態も国内原木仕入から環境保護の取組みとして
間伐材および建材資材の廃材から折箱を製造しております。
現在は海外材としてファルカタ材が
主流になってきています。

主な取引先(敬称略)

水了軒
荻乃家
マルチョウフーズ
その他、問屋・商社と常時お取引しております。